LOG IN

AOSHIMA SUGO ASURADA G.S.X.

by Takafumi Yoshida

アオシマのスゴウアスラーダGSXを作成しました。

このマシンが登場する新世紀GPXサイバーフォーミュラは、いまを遡ること27年(!)、1991年に放送されたアニメで、その前半戦の主役マシンです。
それにしても、27年前のアニメのマシンが今、キット化されるってすごい・・・

塗装については、ほぼキットの指示どおり。
ただホワイト部分だけはクリアで研ぎ出しを行い、その他の部分は艶なし仕上げにして、メリハリを出してみました。
写真にすると、ほとんど分からないですが・・・

このマシンを見ると思い出すのは、やはりテレビ版最終戦の日本グランプリですね。
物語の中盤で大破してしまい、そのまま後半戦の主役マシン「スーパーアスラーダ」に主役の座を譲るわけですが、最終戦ではこれまた大破したスーパーアスラーダに変わって、全コースの3分の2を超える距離を無給油、タイヤ無交換で走り抜け、ハヤトのワールドチャンピオン獲得の影の立役者になりました。
当時みたときは、あまりにアツい展開に、何度もビデオで見返した記憶があります。

キット自体のできはなかなか良いと思います。アニメ版の作画ではずんぐりした印象でしたが、車高を低く抑えてあって、ちゃんとレーシングマシンっぽさがあります。

キットは屋根部分が外れるようになっていて、コクピット内部を、完成後にも見ることができるようにまっています。
コクピットもアニメの雰囲気をちゃんと再現していていいんじゃないでしょうか。
アスラーダももちろん乗っています。
\その言葉を待っていた!/
ただ、この屋根周りはパーツの合いがよくないので、事前にしっかり仮組みしてバランスを調整したほうが良さそうです。

以上、アオシマのスゴウアスラーダG.S.X.でした。


Takafumi Yoshida
OTHER SNAPS