LOG IN

TAMIYA 1/48 GRUMMAN F-14A TOMCAT

by Takafumi Yoshida

タミヤの1/48傑作機シリーズよりF-14トムキャットを作りました。
本物は、ちょっと前にアメリカ本国では引退し、いまではイラク空軍で僅かに残っているだけですが、我らおっさん世代を始め、未だに人気のある戦闘機の一つじゃないでしょうか。
当然、キットもいままで古今東西のメーカーから多くの種類が発売されていますが、タミヤが作っただけあって、最新の技術が惜しげもなく投入され、いままでのトムキャットにはありがちだった問題点がほぼすべて解決されています。

1/48のキットということもありそれなりの大きさがあるので、小さいキットでは難しいコクピット周りも含め、非常に組みやすい印象。パーツの精度も素晴らしく、複雑な分割がピタッとハマるのは、作っていて気持ちいい。自分のように戦闘機のキットを初めて作る、という人にもオススメです。

キットには大判のデカールが付属し、3つカラーリングを再現できます。
まずはスカル&クロスボーンのマークで有名な第84戦闘飛行隊「ジョリーロジャース」仕様。VF-84は映画「ファイナル・カウントダウン」でも有名ですし、「マクロス」のスカル小隊などで見たことあるって人も多いはず。
次に第2戦闘飛行隊「バウンティ・ハンター」仕様。青いアクセントがイカス。
そしてイラク空軍仕様。イラク空軍仕様を再現できるキットってあまりなくて、これだけでも買いって気分になります。
自分はVF-84仕様で作りました。

トータルの作業時間は1ヶ月ほどでしたが、その間すごく楽しめたので、もう1機、今度はイラク空軍仕様で作ってみたいなーと思わせるキットです。

以上、タミヤ1/48 F-14のレビューでした。


Takafumi Yoshida
OTHER SNAPS