LOG IN

BANDAI 1/72 VF-31 SIEGFRIED

by Takafumi Yoshida

マクロスΔ(デルタ)より主人公機の「VF-31 SIEGFRIED」を作ったので、そのレビュー。

キット全体の印象としては、バンダイらしい精度の高いパーツ、要所に金属製シャフトを使用。またシールについても水転写デカールと普通のシールが2つも付いていて、塗装なしでも設定色に近い仕上がりを楽しめる、優等生なキットだと思います。

ただ、シールはかなりの数があるので、全部貼るのは大変な作業でした・・・多分、組んだ時間の3倍くらいはデカール貼ってた気がする。

ファイターモード

まずはバルキリーの基本であるファイターモード。

各部にロック機構があるため、変形モデルにありがちな保持力不足なんてこともなく、ファイターモードでもカチッとキマります。モールドやデカールなども航空機をイメージさせますね。

前傾翼がオトコゴコロをくすぐる・・・

ガウォークモード

ファミコン版のマクロスではお世話になった人も多いであろう、ガウォークモード。「バトロイドへの変形中に名前を付けただけ」とか言っちゃダメです。

バトロイドモード

そしてバトロイドモード。ヘッドのデザインなんかはいかにも河森正治デザインというか、あなたと合体したい系なデザイン。カッコいいっす。

ウイングを後ろに綺麗にまとめてしまっているため、正面から見るとスマートな印象のデザインになってるのも面白いかな、と。

変形についてですが、ロック機構とかもあってよくできてるとは思うんですが、やっぱりプラモデルなのであまり何度も変形させるのは難しいかも。実際、自分も変形中にデカールが剥がれて、やむなくシールで代用したり塗装したりと、大変でした。

そのあたりのプレイバリューを求める人は、そのうち出るであろう超合金版をお求めになるのが良さそうです。

以上、バンダイ「1/72 VF-31 ジークフリード」のレビューでした。


Takafumi Yoshida
OTHER SNAPS